仕事を知る

Work

Work テトラcocoでの仕事

テトラcocoでの主な仕事内容をご紹介します。

01
児童発達支援管理責任者・サービス管理責任者
01

児童発達支援管理責任者・サービス管理責任者

児童発達支援管理責任者・サービス管理責任者は、利用者とその保護者のニーズを把握し、個人にあった支援計画を作成するのが主な役割となります。支援計画に沿って、指導のモニタリングや指導員への技術指導を行います。

また、事業所内の指導員の配置や指導スケジュールの管理、他事業所の方や関係機関との連携も役割の一つとなります。

児童福祉法や障がいに関する法律等の法的知識や福祉の制度についての知識も必要となります。

具体的な仕事内容

  • 個別の支援計画の作成
  • 指導員への技術指導
  • 事業所内の管理
  • 関係機関との連携
02
教室長
02

教室長

教室内のスタッフの配置や指導スケジュールの管理、スタッフの勤退管理や教室内の備品管理、予算管理などの教室内の管理業務全般を担っていただきます。学習支援教室の運営も役割の一つであり、子どもの状況やニーズに合わせて年間の指導目標を立て、指導計画を作成します。関係機関との連携やスタッフの指導の中での困り感についてのフォローも行います。

教室全体の流れや動きを把握する広い視野と、子どもや保護者の方、スタッフの変化に気づく視点、学習指導についての基礎的知識や大阪府下の受験制度などの進路指導についての知識が必要となります。

具体的な仕事内容

  • 教室内外の管理業務全般
  • 指導計画の作成
  • スタッフへのフォロー
  • 子どもの進路に関する相談
03
指導員
03

指導員

個別や集団の中での、子ども達への直接的な指導を行います。支援計画に沿って、子ども達がどこでつまずいているのか、なぜそうなっているのか、どうしたらできるようになるのかを体系的に考え、指導を行います。子どもの様子や変化を感じ取り、子どもに寄り添うスキルが必要となります。また、特別支援教育や子どもの発達に関する基礎的な知識も必要となります。

具体的な仕事内容

  • 個別の学習支援
  • ソーシャル・スキル・トレーニングクラス
  • ライフスキルクラス
  • フォニックスクラス
04
心理職
04

心理職

発達検査や知能検査、読み書き検査などの各種検査結果と、子ども達の行動観察の結果から、子どもの特性を多角的に捉え、アセスメントし、子ども達の困り感についての原因を探るのが主な役割となります。アセスメントをもとに、支援計画や指導内容への助言を行います。

子どもの発達や特別支援教育、各種検査についての基礎的な知識と、心理士としての職業倫理の原則についての知識が必要となります。

具体的な仕事内容

  • 検査の実施とフィードバック
  • 児童の行動観察
  • 児童の多角的アセスメント
  • 支援計画の内容や指導員への助言