LSAとは

LSA

LSA(学習支援員) Learning Support Assistant

通常の学級における発達障害の児童生徒を、
ナチュラルサポートする支援員を指します。

主に通常学級内にいる特別な支援が必要な児童生徒に対して、校内及び校外活動において学習面や行動面の支援を行う有償ボランティアの事です。今年度から法制化された「合理的配慮」においても、すでに多くの学校などに配置されています。
子どもたちの状況に合わせて適切な支援を行うことで、子どもたちが自信を取り戻し、どのように学ぶか、どのように対応するかを身に付け、自立できるように、担任や指導者と連携を取りながら支援を行う役割を担っています。そのため、学習支援員には、発達障害に関する基礎知識や子どもの理解、多様な支援の方法とその実践訓練が必要です。
本講座では、発達障害に関する基礎知識や子どもの理解、多様な支援方法の習得とその実践訓練を受講することが出来ます。

LSA 講義風景

LSAの役割

2016年から実施される「合理的な配慮」の中でもすでに多くの学校などで取り入れられています。子どもたちに状況に合わせて適切な支援をすることで、子どもが自信を取り戻し、どのように学ぶか、どのように対応するかを身に着け、自立できるように、担任や指導者と連携を取りながら支援できるようにします。そのためには基礎的な発達障害や子どもの理解、多様な支援の方法、そして実践が伴うとよい結果が表れることが実証されています。
学習支援員には、熱意や愛情はもちろん必要ですが、

  • 子どもたちが何に困っているのか

  • その原因は何か

  • どのような手助けをすればよいのか

知識と体験が必要です。

LSAになるまでの過程

LSAの過程
  • NPO法人エッジ

    ディスレクシア(発達障害の中の学習障害でも特に読み書きの困難がある)の啓発、支援とネットワークを柱に活動しています。

LSA(学習支援員)養成講座2017募集要項

LSA(学習支援員)になるには

本講座では、発達障害に関する基礎知識や子どもの理解、多様な支援方法の習得とその実践訓練を受講することが出来ます。基礎・発展の両コースを修了された方には民間資格「LSA(学習支援員)修了証」を発行いたします。LSA(学習支援員)は学校だけでなく、放課後等デイサービス・学童クラブ・児童館や学習塾など活躍の場は多岐にわたっています。

開講スケジュール / 場所

開講スケジュール : 2017年9月24日(日)~2018年3月18日(日)
*詳細は下記を参照下さい。
講座会場:一般社団法人テトラcoco 谷町教室
大阪市天王寺区生玉前町1-17 イトーピア谷町ビル10階

申込み方法

弊社宛に下記事項をメールにてお送りください。
①住所 ②氏名 ③メールアドレス(PCメール受信できるもの) ④電話番号 ⑤所属 ⑥受講希望コース ※奨学金取得方法、お支払方法につきましては、お申込後、「お申込受付メール」にてご案内致します。
申込み締切り:2017年9月9日(土)
先着順(定員に達した時点で締め切らせて頂きます。)

講座内容 / 受講料

入門コース

日時
2017年9月24日(日)*8コマ
内容
発達障害やLSAについて、子どもへの関わり方など基礎的知識を身に付ける講座です。*前半は視聴講座、後半は講師の先生によるLIVE講座になります。
受講料
5000円
対象
関心のある方どなたでも受講可定員30名

本コース

日時
2017年9月24日(日) ~ 2018年3月18日(日)*28コマ
内容
より専門的に学ぶコースです。修了者には民間資格「LSA(学習支援員)修了証」を発行いたします。 *本コース受講者にはテキストをお渡しいたします。
受講料
※但し、テトラcocoで講師登録、又は各市教育委員会にLSA登録される方は、弊社より23000円の奨学金を支給します。(実質負担額35000円) ※欠席の場合は補講が受けられます。(別途有料)
対象
入門コース修了者が受講可定員30名 *11月頃(未定)、1月21日、2月18日の講座は公開講座となります。(受講者以外参加費1講座4000円)

LSA養成講座 in大阪 スケジュール

入門コース受講料:5,000円

9月24日
(日)
LIVE 1 10:00~10:30 発達障害とは お茶の水女子大学安藤 壽子 発達障害の基本的知識
2 10:35~11:05 ライフステージと必要な支援 星槎名古屋中学安部 雅昭 ライフステージと必要な支援
3 11:10~11:40 色々な支援法 星槎大学阿部 利彦 色々な支援方法
4 11:45~12:15 就労に向けて 宇都宮大学梅永 雄二 就労に向けた支援
5 13:15~14:45 LSAとは NPO法人EDGE藤堂 栄子 LSAコースのコンセプト・これまでの成果・日本における背景
6 14:50~15:20 LSAの役割
7 15:25~15:55 LSAになると LSAの修了後に関して
8 16:00~16:30 疑似体験 LD疑似体験~見る・読む・聞く・話す・書く力などの困難さ・心理的な辛さを体験する~

本コース受講料:58,000円

9月24日
(日)
LIVE 9 16:00~16:30 見えにくく誤解されやすい発達障害への気づき・理解・支援 NPO法人EDGE藤堂 栄子 LD疑似体験~見る・読む・聞く・話す・書く力などの困難さ・心理的な辛さを体験する~
e-learning 10 - 星槎大学 副学長細田 満和子 見えない「生き辛さと病」
慢性疲労症候群・筋繊維痛症く
11 信州大学医学部付属病院子どものこころ診療部本田 秀夫 それぞれのライフステージに大切なこと
e-learning 13 - 当事者の話を聞く ケースワーカー社会学者高森 明 自立とは何か~開かれたセイフティネットを求めて~
14 言語聴覚士村上 由美 子どもの味方になるために~自己理解と生活の工夫~
15 建築デザイナー藤堂 高直 DX(ディスレクシア)型の生き方・活かし方
16 中学3年生・画家濱口 瑛士 「黒板に描けなかった夢」を描いてみたら…(画像メッセージ)
e-learning 17 - ライフステージによる関わり 東京家政大学守 巧 就学前…幼稚園・保育所における対応
18 NPO WING PRO代表新堀 和子 就職・自立に向けて~子どもの時から親ができること~
19 (株)KAIEN鈴木 慶太 就職してから大切なこと学齢期から身につけておきたいこと
11月頃
(未定)
視聴 20 10:00~11:30 合理的配慮 文部科学省特別支援教育調査官田中 裕一 インクルーシブな教育の在り方と今後の展望
21 11:40~13:10 厚生労働省発達障害対策専門官日詰 正文 インクルーシブな教育における合理的配慮の実例
公開 22 14:00~16:00 講師未定 大阪における合理的配慮について
e-learning 23 - 東京学芸大学高橋 智 発達障害の当事者調査から見た学校における合理的配慮の具体例
24 特性に応じた支援 東京都矢口特別支援学校川上 康則 実戦サポート① 不器用な子どもたち
1月21日
(日)
視聴 25 10:00~11:30 東京都自閉症協会尾崎 ミオ 実戦サポート② 生き辛さの背景への支援
26 11:40~13:10 世田谷区スクールソーシャルワーカー武隈 智美 実戦サポート③ 自己肯定感を育てるSST
公開 27 14:30~16:30 山手女子短期大学村上 加代子 実戦サポート④ 英語の指導について
e-learning 28 - 関わり方 国立精神・神経医療研究センター原口 英之 ABA(応用行動分析)に基づく子どもへの関わり方
29 子どもの睡眠と発達医療センター
中井 昭夫
診察室で考える~子どもの睡眠と発達
30 NPO法人EDGE藤堂 栄子 先生・生徒との関わり方学校に入るということ
2月18日
(日)
視聴 31 10:00~12:00 ICTを使った支援 星槎名古屋中学安部 雅昭 実戦サポート⑤ 星槎名古屋中学での実践
公開 32 13:00~15:00 DDサポートひらかた近藤 春洋 実戦サポート⑥ 文章題の苦手な子ども達の支援~ICTを活用してみましょう~生活に役立つ算数力
e-learning 33 - NPO法人支援機器普及促進協会髙松 崇 ICTを使った支援
3月18日
(日)
LIVE 34 10:00~11:30 ケース検討・ロールプレイ修了式 NPO法人EDGE藤堂 栄子 LSAの実際の体験(ケース)を通して討議・テスト
35 11:40~15:00 事例についてロールプレイング
36 15:00~16:00 修了式、今後の展望と課題